トップ / 下肢静脈瘤の症状と種類

下肢静脈瘤と遺伝関係

下肢静脈瘤の症状と種類

伏在型静脈瘤と網目状静脈瘤

下肢静脈瘤の種類は4つに分類されます。それぞれの名称と、症状を紹介していきまし
ょう。

伏在静脈瘤。足の静脈の太い血管である伏在静脈がボコボコと蛇行したように浮き出てくるのが伏在静脈溜です。太ももの内側、足の付け根、ふくらはぎなどの太い血管があるところに見られます。症状としてはこむら返り、足のだるさやむくみなどがあります。進行していくなら血流が悪くなっていくので強いかゆみ、色素沈着、湿疹の伴う皮膚炎を引き起こす可能性が有ります。

側枝静脈瘤。伏在静脈から枝分かれした側枝静脈内で起こる下肢静脈瘤です。膝から下の部分によくみられます。細い血管に起こる溜(コブ)なので、伏在静脈瘤のものより小さいというという特徴があります。

網目状静脈瘤。皮膚下の直径2-3ミリの小さな静脈が拡張して、網目状の広がりを特徴とします。さらに比較的鮮明な青色を示すという特徴もあります。症状はひざ裏に出る傾向があります。
クモの巣状静脈瘤。皮膚の表皮下の直径0.1-1.0ミリの極細い血管が拡張したもので、クモの巣状の広がりを見せ、あまりボコボコ浮き出てくることはありませんが、赤紫色になります。

伏在静脈瘤や側枝静脈瘤のように症状が比較的目立たない場合もある、網目状静脈瘤や
クモの巣状静脈瘤に関しては、治療の必要がないという考えの人もいますが治療しなくても自然治癒するわけではなく、場合によっては進行する場合もあります。硬化治療という硬化剤を注射する治療法は入院や手術で体を傷つける必要もなく、比較的軽度の下肢静脈瘤には効果的な治療法です。

予防や治療で改善の見込める下肢静脈瘤ですから、その種類と症状をよく理解し、自分の症状にあった予防策や治療法を選択していきましょう。

Copyright © 下肢静脈瘤は遺伝するのか. All rights reserved.