トップ / 下肢静脈瘤を予防するには

下肢静脈瘤と遺伝関係

下肢静脈瘤を予防するには

日常生活で下肢静脈瘤を予防

もし下肢静脈瘤を発症したとしても、様々な治療法が現在では確立され治療することが
可能なわけですが、一番良いのはやはり発症しないよう日頃から予防対策に努めておくことです。
ではどのような方法で下肢静脈瘤を予防対策できるのでしょうか?今からでもできる簡単な方法をいくつか挙げていきましょう。

もし日中立ちっぱなしの仕事や、長時間同じ姿勢でいなければならない場豪などは、足踏み、屈伸、歩き回るなどする時間をできる範囲でとりわけることが出来ます。1時間に5-10分足を心臓より高い位置に上げて休息すると最も良いわけですが、職場や仕事中にはそこまでできないので、足を動かす時間を小まめに取るようにしましょう。

寝るときには、クッションなどを使って足の位置を高くして休むこともできます。そうすれば足の血液が心臓に戻りやすくなります。
医療用の弾性ストッキングの着用も効果があります。圧迫力の強いこのストッキングは、拡張した血管に力を加え、血行を良くし、血液が足に溜まったままの状態にならないよう助けてくれます。

さらに下肢静脈瘤には、足の筋力の低下も要因として挙げられています、適度な運動を行うことも予防になります。
カロリーの高い食事や肥満などは血液がドロドロになり、血行を悪くする原因にもなります。健康的な食習慣と適正体重を維持することも下肢静脈瘤の予防対策になります。

下肢静脈瘤は男性よりも女性に多いと言われ、特に妊娠・出産後に発症する場合があるともいわれています。今回紹介した予防法は、働く女性や妊娠中の方でも実践できる事柄が含まれています。普段からの簡単な予防で、いつまでもスカートの似合うきれいな脚を維持することができるでしょう。

Copyright © 下肢静脈瘤は遺伝するのか. All rights reserved.